派遣される家庭教師の2つの特徴

 派遣される家庭教師には、2つの大きな特徴があります。それは、プロの家庭教師と言われる専門家庭教師か学生の家庭教師かの2つです。この2つの家庭教師の特徴を把握して、お子さんの性格に合った家庭教師を選ぶようにしましょう。

プロの家庭教師について

 プロの家庭教師は、家庭教師を専門に行っている家庭教師のことです。そのため、生徒を有名大学などの受験に合格させるための知識を持っていたり、教科毎の受験対策の指導に秀でているなど、一般の家庭教師では行えないような指導が特徴です。プロの家庭教師は、その経験上多くの実績を残している家庭教師なので、とても高い指導能力を持って生徒に教育を行います。なので、学生の家庭教師と比べても高い費用を支払うことになるでしょう。プロの家庭教師で受験対策をお考えなら面接時にでも、どのくらいの生徒を教えてきてそのうちどれくらいの生徒を有名校に合格させたのかをきちんと確認する必要があります。

学生の家庭教師について

 学生の家庭教師の場合、現役の学生ということで大学の情報や受験などの体験談などを聞くことができるし、生徒とさほど年が離れていないために同じ目線で指導を行うことができるのが特徴です。プロの家庭教師と比べてガチガチの指導ではないため、生徒に合わせたペースで学習することができます。親しくなれば学校のことやプライベートのことなども相談できるので、良きアドバイザーとなることでしょう。現役学生の生の情報を聞くことは、生徒へのやる気にも繋がるので成績が伸びる傾向にあります。それに学生ということでそこまで時給も高くないので、ご両親にも大きな負担になることがないのではないでしょうか。ただし、家庭教師といっても学生なので指導方法や性格がお子さんに合わないといった可能性もあります。そのため学生の家庭教師の場合は、生徒との相性が成績アップに繋がる重要なポイントとなります。また、相性が良くても学生アルバイトの場合は長期間の指導が難しいといえます。

家庭教師選びに迷ったなら

 プロの家庭教師と学生の家庭教師の特徴を把握した上で家庭教師を選びたいところなのですが、どの家庭教師が自分の子に合っているか分からないと迷っている方もいらっしゃると思います。その場合はお子さんの性格や学習スタイルを一度見直してみることをお勧めします。自宅で勉強するときは、一人でも集中して学習に取り組めているか。言われなくても自主的に机に向かうことができるか。などをチェックすることで、お子さんにどのような家庭教師が必要なのかが見えてくるはずです。

自宅での予習・復習といった勉強の癖を付けることが目的なら、年が近く親しみやすい学生の家庭教師でも十分成績を伸ばすことは可能と思います。有名大学への進学や短期間での学力アップを望むのなら、指導能力が高いプロの家庭教師を選んだ方がお子さんの成績向上のためにも必要になると思います。お子さんの性格や学習スタイルに合った家庭教師選びが重要になってきます。

実際、プロの家庭教師と学生の家庭教師のどちらが成績向上のためには効果的なのかというのは、一概に言えません。高い指導力を持ったプロの家庭教師と生徒と同じ目線に立てる学生の家庭教師は、ただその特徴に優れているというだけなので、お子さんに合うか合わないかが一番重要なポイントになります。どのような目的をもって書いて教師を選ぶのか、迷ってしまったならもう一度家庭教師を選ぶ意味を考え直してみましょう。

Copyright (C) 2008 家庭教師のHEART. All Rights Reserved.