家庭教師のタイプ別種類

 家庭教師と一言でいっても、その種類はさまざまなです。家庭教師を頼みたいけど、どの家庭教師を選べばいいのか分からないのではないでしょうか。家庭教師を大きくわけると「家庭教師派遣タイプ」と「家庭教師紹介タイプ」の2つに分けることができます。この2つのタイプの特徴をまとめてみましたので、家庭教師選びの参考にしてください。

家庭教師派遣タイプと家庭教師紹介タイプ

 家庭教師派遣タイプと家庭教師紹介タイプも、それぞれにいくつかの種類に分けることができます。家庭教師派遣タイプを細かく分けると、

  • 「大手家庭教師会社型」
  • 「学生運営型」
  • 「学習塾型」

の3つに分けることができ、家庭教師紹介タイプは「直接契約型」に分かれます。では、早速それぞれの家庭教師の特徴をご説明したいと思います。

大手家庭教師会社型

 大手家庭教師会社型は、よくテレビCMなどで見かける家庭教師を専門に行っている会社です。聞き覚えのある会社が多いので、家庭教師を頼んだことがなくても知っている方は多いのではないでしょうか?この大手家庭教師会社型の場合、全国規模で展開している会社なので、住まいの近くでも家庭教師を探すことができるかもしれません。家庭教師が近くにいることは、大きなメリットですよね。ただし、こういった大手家庭教師会社型は広告宣伝費に費用をかけているので、他の家庭教師よりも料金は高めの傾向にあります。はっきりとした料金体系が整っているので、もし大手家庭教師会社型を選ぶ場合は電話対応が丁寧な会社を選ぶのがお勧めです。そういったところはしっかりしているので、家庭教師も丁寧な人が多いと思います。

学生運営型

 学生運営型は、その名の通り現役の学生が家庭教師を行うタイプです。大手家庭教師会社型のように派手な宣伝はありませんが、有名大学の学生が多いところが特徴です。その有名大学がお子さんの志望校なら、現役の家庭教師に直接指導してもらえるのはとても効果がありますよね。志望校に通っている大学の家庭教師、という枠組みで探すならもってこいです。派手な宣伝がない分、仲介料も比較的良心的なのが嬉しいところです。もし学生運営型を選ぶなら、本人の学生証の現物を念のために面接時にでも確認することをお勧めします。

学習塾型

 学習塾型は、学習塾などが教材指定のテキストを使って家庭教師を派遣するタイプです。コチラのタイプもいい家庭教師の選び方の一つです。これは塾を通っている方向けの家庭教師になります。塾で習ったことを家では家庭教師と一緒に、そのテキストを使って予習・復習といった指導を行うので勉強が身に付きやすいと思います。ただし、学校や塾で習うものと関係のないテキストを販売する詐欺紛いの会社もあるので、購入前に事前にテキストを確認することをお勧めします。

直接契約型

 直接契約型は、主にインターネットを介して家庭教師を紹介するタイプです。インターネットのサイトの内容は実に豊富で、地域別や大学別などさまざまな条件で検索できるので、それぞれの環境に合った内容で家庭教師を見つけることができます。お子さんにあった条件を事前に確認できるのが大きな特徴です。しかし、この直接契約型は、インターネットで条件にあった家庭教師を検索することができるというだけで、実際の契約は家庭教師本人とすることになります。そのため契約内容も家庭教師によってまちまちなので、面接時に契約期間や遅刻・欠勤などの対処の仕方など契約内容をはっきりさせておく必要があります。

check

「先生1人に生徒2人までの個別指導」と「1科目+20点の成績保証」で評判の学習塾。

個別指導で成績アップ!

Copyright (C) 2008 家庭教師のHEART. All Rights Reserved.